骨組

土台

  • ヒノキの土台

耐久性に優れた湿気にも強く日本では昔から家の各所に用いられてきました。

強度と耐久性も高く、家全体を支え住宅の寿命に大きな影響を与える土台に最適の材です。

 

  • 構造用集成材

主要構造部(柱・梁等)には構造用集成材を使用。

集成材は無垢材に比べ1,5 倍の強度を持ち、曲げ・たわみに強く、狂いが少ない材料で、木材を科学の力でより優れた品質に仕上げた建築材料です。

構造体一本一本の「強度品質」が明確であるので採用させて頂いております。

 

木造軸組み工法

キノハウスの家は、木造軸組み工法です。

木造軸組み工法は在来工法とも呼ばれ、日本古来の伝統的な木組みを生かした工法です。

上棟の際はレッカーを使い、キノハウスのスタッフが常駐し、電線や近隣住宅との距離、通行人の方の様子、作業内容を考慮し、安全に作業を行う体制で取り組んでいます。

  • 木造軸組み工法の特徴

・高温・多湿な日本の風土に適した歴史ある伝統的な構造

・構造的な制約が少ないのでデザインや間取りが自由に設計可能

・増改築が容易にできる

・集成材や補強金物を使い、耐震性が飛躍的に向上している

 

躯体検査

主要な構造部分をJIO 専属の建築士が細かくチェックします。

家を支える柱や耐力壁の位置は図面通りか、横揺れを防ぐ筋交いや、構造金物は図面通り配置され適正に取付られているか、通常一般の人では分からないチェックポイントを厳しく検査します。

建築士立会いのもと、行政の検査を受けます。

建築基準法規手に適合しているかなどJIO と同じく、耐震壁・筋交い・構造金物の配置など、隅々まで検査を受けます。

決められた工程で中間検査を受け、合格済証の交付を受けないと次の工程には進めません。

 

 

ページトップへ