室内環境

断熱材セルロースファイバー

セルロースファイバーの主原料は、リサイクル新聞紙などの天然木質繊維で、木材と同様の性質を備えています。

セルロースファイバーは木と同様に、湿度が高くなると余分な湿気を吸い込みじめじめ感を防ぐ「吸湿能力」を発揮する一方、湿度が低くなると溜めこんでいた湿気を放出しからから感を和らげる放湿能力を発揮する断熱材です。

結露を防ぎ、いつも最適な湿度を保ちます。

天然木の木質繊維であるセルロースファイバーは、周囲の湿度や温度に応じて水をはいたりしています。

化学素材にはないこの吸放湿性が、適度な湿度をもたらし結露を防ぎます。

 

デコスドライ法

天然の木質繊維セルロースファイバーを素材に、専門の技術者によって効果的な断熱施工を行う断熱工法のことを「デコスドライ工法」といいます。

他の工法や断熱材に比べて、特に防露・調湿性能と防音(吸音)性能にすぐれています。

セルロースファイバー素材内部の無結露20 年保証も実施されており、安心です。
「デコスドライ工法」は次世代省エネ基準にも適合しており、きわめて高い基本性能を持った快適で安全な住宅が可能となります。

 

サッシ

 

高性能断熱サッシは外部と内部の熱伝導率をカットし、高断熱でありながら明るく開放的な住空間を実現さらに光は透過、熱は反射する特殊金属皮膜採用の複層ガラス(Low-E ガラス)を採用しています。

 

 

 

ページトップへ